JUNIORS

新型コロナウイルスの現状ー新入社員・山城叶愛

新型コロナウイルスの現状

私たちの生活に突如現れた、新型コロナウイルス。
世界中の不安が高まる中、コロナウイルスの威力は高まるばかりである。
毎年インフルエンザが流行るためマスクや手洗いの強化はしていたはず。
では、なぜこんなにも流行ってしまったのだろう。
コロナウイルスが発見されたのは、中国にて2019年12月8日。
だが中国国内でコロナウイルスについて知られたのは、12月30日。
22日間の間政府は情報を隠しもっていたことになる。
そのため、中国人は新型コロナウイルスの対策ができないまま感染が広まってしまった。

コロナウイルスによる被害

感染が広まることだけが私たちに被害を与えているのではない。
まず、コロナウイルスがどの位威力が強いかがわかる、小・中学校、習い事の臨時休業や数
々のライブやイベントの中止。
マスクやアルコールの品不足。
非常事態だからこそ、協力しなければならない時にマスクの悪徳な値上げ。
デマを流す人々、中国に対しての心ない言葉。

世界と私たち

私は、学校が臨時休業になるまで感染が広まってしまったのは世界の情報交換にあると思う

日頃から重要な何かがあっても国同士隠している。それは、お互いを信頼しあっていないか
ら生まれてしまう事実である。
大人は、私たちに協力することの大切さを教えている。
だが、一番できていないのは国全体なのではないだろうか。
政府と国民の壁、世界との情報交換、情報通信技術の発展が進んでいる今、まさにできる状
態にいるのだ。
国をもっとよりよくするためには、「信頼」が必要不可欠である。

作成・編集 山城叶愛